ロゴ
お気に入りパーツ
【ZEN】

数年前から発売されており話題になってからも久しいのですが、ご縁があってイタリアのスコプレ社から発売されている『ZEN SLIP 2.0』を試す機会を頂きました☆

“ペダリングブースター”という文言に心が躍る僕。
さらに破損に強いバージョン2.0に進化

ZEN SLIPはシューズとクリートの間に挟み込むシムで、大きな角度が付いているのが特徴。下死点付近で真下に踏み抜いてしまう無駄な力を、少しでも推進に寄与する方向にベクトルを向けようとするアイテム。結果的にケイデンスがアップする、、かも。本国イタリアのMauro Testa博士によると、ZEN SLIPを使用してケイデンス80rpmを維持しながら11分間ペダリングすると、平均パワーが5%向上し、ペダリング下死点でのトルクが20%も向上するとか。

ネジのカットが必要な場合がございます。
取付ご相談を。
チラ見えの赤色がヤル気にさせます。

早速シューズに取付て出発!
今回試したのはシマノSPD-SL規格などにマッチする3つ穴タイプ。チラ見えするオレンジっぽい赤色のZEN SLOPがヤル気にさせてくれます。シムとして挟むためバイクのシート高も3~5mmほどUP、ちょっと嬉しい♪

いざ!
ヒルクライムは大嫌いな僕を
ZEN SLIPが山に連れ出した!

厚みや角度が変わるため、最初のステップインはモタ付きましたが、コツさえ掴めば受け入れられるレベル。楕円ギアにようにモリモリする感じではありませんが、何となくペダリングが楽な感じはあります。ペダリングが下手で、つい踏んでしまったり、踵が落ちてしまう僕みたいなタイプのライダーには、ペダリングベクトルの適正化、無理に踵を上げることを意識しながら上死点を超えなくても良い気楽さなどなど、メリットは多そうです。直接の因果関係は分かりませんが、60分ほど登った山頂付近で腰の筋肉のハリを感じました。いつもと使う筋肉が違うのか、、、シート高を上げているからなのか、、、引き続き乗って検証してみます。
使った全員が単純にケイデンスが上がった!とかパワーが上がった!!というアイテムでもないのですが、使用感などはお伝え出来ますので、ご興味あれば前橋南店まで是非ぞうぞ。
※8月8日(月) 今回ご紹介の『ZEN SLIP 2.0』に関するメディア取材のため、前橋南店は13時より入店制限させていただく場合がございます。また、店長乗車シーン撮影のため、一時的に閉店させていただく場合がございます。