ロゴ
お気に入りパーツ
【カメラ搭載!】

先月発売されたガーミンのカメラ&テールライト搭載型リアビューレーダー『Varia RCT715』を1ヶ月使用してみたのでご紹介。

Varia RCT715

まず併売されるRTL515と同じく、優れた後方監視レーダー性能と、これまた秀逸なテールライトとしての機能は削られたりしていないのは安心。
後方約140m以内から、時速13km以上の速度差をもって接近する車やバイクや自転車を最大8個検知して、EDGE本体画面やアプリ介したスマートフォンに表示する。1600m後方からでも視認できるほど明るいテールライトはレーダーと連携しており、車両接近時は発光パターンが変わる。

在来機とは互換のない専用マウントで
シート下に取付
EDGE画面で車両の接近を警告
EDGEが無くてもアプリで使えます
マブシイっ!1600m後方から
視認できるテールライト

『Varia RCT715』はここに1080P/30FPSのカメラを搭載し、デバイスの電源投入と同時に録画を開始したり、強い衝撃を感知して“事故”だと判断すると、その前後1分間の動画を保存する機能を持つ。

1080P/30FPSのカメラを搭載
詳細設定はスマホで行えます。

私は通勤が主戦場のグラベルバイクに装着し、使用感を確かめました。
充電ケーブルがUSB-Cになったのは朗報です♪チャージは楽チンですし、PCで録画データをプレビューするときなど圧倒的にスムーズ!
本体サイズはRTL515や、テールライト機能を省いたRVR315と比較すればやや大きいですが、万が一の事故を冷静に記録してくれる安心感と引き換えなら納得できるサイズではある。
『Varia RCT715』はもちろん単純なカメラとしても機能します。
先日動画で紹介した『 GRAVEL PARTY in Mt. AKAGI 』のいくつかのシーンは、この機能を応用して編集しています。店内の50インチモニターで再生しても充分観られる画質です。
お子様と一緒にサイクリングを楽しむパパさんママさんのバイクに取り付ければ、ちっちゃな足で一生懸命ペダルをこぐお子様の姿が記録できますヨ♪