【EX!】

   メナードはお化粧品、ゼナードはKabutoのフラッグシップヘルメット。
   その名作がEXTRA = 改良型にアップデート!その名も『ゼナードEX』。

     
   マットホワイト・マットブラック       ホワイトレッド・ブラックグリーン

   
Zephyros(西風の風神)+Tornado(竜巻)からの造語をモデル名に持つZenard
   (ゼナード)だけあって、Kabuto全ラインアップ中、最高の冷却性能を持つ。
   
EXでは後部アジャスターに遂にBOAクロジャーを採用!精密で均一な締め付けを実現した。
   
さらに、初作でエアフロー向上を狙って採用されていた“エアチャンネルプレート”は、
   インナーパッドと一体成型されて各段に軽く、またフィット性も向上した。


     
   ついにヘルメットにもBOAダイヤル!     右が新型のプレート内蔵パッド

   あまりの開口部のデカさに、虫などが飛び込まないよう“A.Iネット”、冬場のオーバー
   クールを防ぐ“Winterインナーパッド”は引き続き採用、いかに空気取込量が大きいかを
   実感させる装備だ。


     
   Zenard EX 内側からみると開口の      エントリーモデル。ムレるかも・・・
   大きさが分かる。

     
   虫などが飛び込みにくい“A.Iネット”     オーバークールを防ぐ
                         Winterインナーパッド”

   こんなに冷え冷えなら汗も速やかに蒸散しそうだが、念には念で、額の汗をまるで雨どいの
   ように左右に振り分ける“ウルトラスウェットパッド”を同梱する。汗かき自慢な方には、
   お褒めの言葉を頂けそうだ♪


     
   ノーマルパッド               汗を左右に振り分ける
                         “ウルトラスウェットパッド”

   
風を感じるために(くさっ)サンデーライドに投入! 従来モデルを愛用してきたので、エア
   フローの良さは変化なし!というかこれまで通り。しかしフィット性の向上からか、
   ヘルメットの存在を強く感じることは終始なく、アイウェアのズレを直す回数が激変
   したのは、フィット性の向上からの副産物的なメリットではないだろうか。


   
   存在を忘れるほどの高いフィット感♪