【軽過ぎ注意】

   ウィーンからやってきた超軽量チューブ『Tubolito(チューボリート)』
   同サイズのブチルチューブと比較して約1/3の重量♪パンクが心配?メーカーの試験に
   よると、通常チューブの約2倍の付き刺し強度/耐パンク性を実現。


     
   ウィーンからやってきた           ちっちゃい!軽い!!
   Tubolito(チューボリート)』

   まずは愛車のグラベルロードにインストール。700×38cのビッグサイズだけに、
   ブチルチューブは重量220g/本・・・。これをチューボリートに置き換えるだけで
   バイク全体が330gも軽量化!これってアルミハンドル1本分とか、サドル1個分とかに
   相当する重量。これが車輪外周部で実現デキルノデスヨ!


     
   700×38cのブチルチューブ。      同サイズのチューボリート!

   チューボリートは豊富なサイズラインナップがありますが、最も軽量な『Sチューボロード』は
   700×18〜28c 42mmバルブで何と23g!チューブの厚みは他モデルの半分の
   0.15mm!装着はディスクブレーキ装備車に限ります。


     
   700×28cのRエア。         同サイズのSチューボリート!

   素晴らしい特徴を持つチューブですが、装着してしまえばタイヤに隠れてしまいます・・・
   残念ですっ。でも大丈夫!バルブまでオレンジなチューボリートなら、装着していることが
   さりげなくアピールできます♪


     
   鮮やかなオレンジも装着すると        でもバルブはしっかり主張!
   隠れちゃう・・・

   いくら通常チューブの約2倍の付き刺し強度/耐パンク性を実現しているとは言え、
   パンクしないとも限りません。。。でも大丈夫!!専用の修理パッチも容易されて
   いますので万が一の時も速やかに修理OKです。


   
   専用パンク修理パッチ

   早速実装&実走!機材の軽さは精神的な軽さにもなるので、苦手なヒルクライムも
   くじけずに
ること

   
   あっ!軽過ぎて浮かんじゃってる♪